バックナンバー  :  2018年08月

会社で仕事中に災害が発生していざ避難しようとした時に誰が何をするのかを認識していなければ、何をすればいいのか分からなくて右往左往するばかりになってしまい、ひいては、大事な避難時期を失って大変なことになる可能性もあります。   そのようなことのないように緊急避難時にしなければならないことのリストを作っておいて、係ごとに全員が確認できる場所に貼っておき、一人一人が普段から何度も確認して身につけておくことが大切です。 ...
大きな災害が発生すると断水が発生することがあります。水は生活に欠かせないものですが、水が使えない時どうしますか?   特に企業などは、仕事中に災害が発生し、従業員や来客の安全の確保が必要になってきます。今回は、災害時に水が使えない時に役立ってくれるお助けグッズについてお話しします。   ■最低限度必要な水の確保   人の体が1日に必要とする水分の量は、約3リットルで災害時 ...
あなたの会社では、防災リュックをどこにおいていますか?倉庫や棚の中に眠っていませんか?   しかし、災害は、いつ起こるかは予想できません。倉庫や棚の中に入ってしまっている状態では、いざという時持ち出すことができない可能性があります。   今回は、企業での防災リュックは、どこにおくのがベストなのかについてお話ししますね。   ■取り出しやすい場所に置く   ...
企業の防災担当者の方のなかには、防災訓練のことで困っているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。たとえば、上司から防災訓練をやれと言われたけれど、どんな訓練が効果的なのかわからない、といった場合は、まず何の目的で誰のため訓練を行うのか明確にしましょう。一概に訓練といっても、目的に応じて訓練のやり方が変わるので、訓練の目的をクリアにし、どういう手法を使うのかを選択する必要があります。   防災訓練の第一段階は実動訓 ...
大地震が発生した後、または事前に準備しておきたい安全確認についてご紹介します。地震が起きた後に、子ども達を徒歩で帰宅させることになった場合、帰宅しても大丈夫か否か通学路の安全確認をする必要があります。以下、目視による安全確認を行う場合のチェックポイント、危険が想定される箇所を列記します。   地震が発生する前に、児童や生徒が帰宅する方向別に複数のモデルルートを定め、そこを実際に通行して目視で安全確認を行い、安全の判 ...
大企業の多くはBCP(事業継続計画)を策定していますが、大災害の被害は企業規模を問わず降りかかってきます。企業規模に合ったBCPを作り、災害から企業を守ることが急務といえます。BCPを作ると、①災害に強い企業になる、②従業員が安心して就業できる、③取引先からの信用度が高まる、④BCP対応の融資が受けられる可能性がある、といったメリットがあります。今回は、水害に備える最低限のチェックポイント考えてみましょう。   ま ...
多数の重症患者を抱える医療機関で、ひとたび大災害が起これば、命にかかわる重大なインシデントも起こりかねません。医療機関におけるBCPの基本方針は、①寸断なく医療提供を行うこと、②人命を最大限優先すること、③災害拠点病院として地域の医療提供の核となること、の3点が挙げられます   2017年に、厚生労働省は、災害時に24時間体制で傷病者を受け入れる「災害拠点病院」に対し、被災しても速やかに機能を回復し、診療を続けるた ...
BCP(事業継続計画)やBCM(事業継続マネジメント)といった言葉をよく目にしますが、両者の違いは国際的な規格であるISO22301に次のように定義されており、要約しますと、BCPは事業の業務の中断・阻害に対応し、事業を復旧し、再開し、あらかじめ定められたレベルに回復するように組織を導く文書化された手順。BCMは、組織への潜在的な脅威が顕在化した場合に起こりうる影響を特定し、主要なステークホルダーの利益、組織の評判、ブランドなどを保護す ...
さまざまな自然災害は事前に正確な予測をすることが難しく、早朝や深夜または休日など時間を選ばず発生します。企業でのBCPを進めるうえで、勤務時間外で従業員同士が直接的に連携しにくい時間帯に発生した場合、安否確認だけでも非常な困難を伴います。   では勤務時間外で突発的な災害が起こった場合、発生直後の1~3時間以内で企業はどのようにしてBCPに沿った行動を取るべきか、またどのようにしてコミュニケーションの確立を図るべき ...
今年7月、西日本豪雨災害において広島県や岡山県、愛媛県などで、非常に大きな被害に見舞われ、多くの方々の命が奪われてしまい、住宅や道路などが倒壊し流され、避難所生活を強いられている方々もたくさんいらっしゃいます。想定外の自然災害の前では人間の力がいかに微力かを実感させられました。   また、多くの企業でもさまざまな影響が出ているのは論を待ちません。災害発生時には必ずといっていいほどBCP(事業継続計画)の注意喚起がさ ...