毎年9月1日は「防災の日」です。8月30日から9月5日までの一週間は「防災週間」と定められています。

これは、1923年9月1日に発生し、10万人以上の死者・行方不明者が出た「関東大震災」に由来しています。
各自治体、企業・自主防災組織では8月から9月第1週に防災訓練を行う事が多いです。

小中高校では年1回以上の防災訓練が義務付けられており、各学校、学年に応じた防災教育がされています。
また、事業所(オフィスビル)では、消防法に基づいて避難訓練を年2回行うことが義務付けられています。

地震や台風など自然災害が多い日本では、さまざまな形で防災訓練、防災教育への取り組みが行われ、大規模災害があるたびに防災訓練の内容も見直され、より充実した内容になっています。

学校、事業所では法律に基づいた訓練が行われて、生徒、従業員は災害時どのように行動すればいいのかを日頃から学んでいます。

一方、多くの地域住民が参加すべき地域の防災訓練においては、大地震直後は地域住民の参加も増えますが、しばらくたつと参加率も減る傾向にあり、訓練や知識がしっかり住民に浸透していないことが危惧されます。

防災に関する住民意識を高めるには、各家庭内での防災意識の向上が大切です。
防災意識は親から子に伝えられていく側面もあります。いざという時に自分とともに家族を守るために、日頃から親子で防災について話をする機会を持ち、家族で防災訓練に参加していきたいものです。

もし、地域の防災訓練の日に用事がある場合は、別の日に、一家で避難所までの道を歩いて安全性を確認してみる、災害備蓄品や非常持ち出し袋の点検をすることをお勧めします。できるところから家庭内防災教育に取り組んでみるとよいでしょう。

【防災用品専門店アンシンク】では、学校・教育機関向け防災用品から、家庭で揃えておける防災用品まで、幅広く扱っております。
非常持ち出し用品、避難生活用品も併せてご参考にしてください。

【防災用品専門店アンシンク】商品一覧