地震、台風など災害発生直後は飲料、食料の調達が困難になるので、1人ずつ飲食料を備蓄しておく必要があります。

国・自治体では「1人3日分」の飲食料の備蓄を勧めています。また、大規模災害発生時には「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。

ただし、1人3日分、1週間分といっても、その内容や量は個人の判断に任されていますので、何をどのくらい備蓄したらいいのか?と悩む方も多いでしょう。

飲料水は「1人1日3リットル」が目安ですので、3日分は「1人9リットル」となります。

多いと感じるかもしれませんが、直接飲むほかアルファ米の調理などにも使いますので、9リットルは確保しておきましょう。通常のペットボトル水は賞味期限が1年ですので、長期保存には不向きです。

災害備蓄用のペットボトル水は、以前は5年保存が主流でしたが、最近は保存期間10年のものが備蓄用として選ばれることが多くなっています。

4人家族ですと、1人9リットル×4人分=36リットルの水(2リットルペットボトルで18本)となります。非常用袋に入れる持ち出し用には500ミリリットルボトルが便利です。

非常食としては、ご飯(アルファ米)、乾パン、ビスケット、缶詰などを準備しましょう。

保存食用のアルファ米、乾パンは賞味期限が5年、1食300~400キロカロリーで販売されているものが多いようです。

アルファ米というのは、お湯または水を注ぐだけでふっくらとしたご飯になるよう、処理されたお米です。
煮炊きの必要が無いため、火や調理道具が無い状況でも、水さえあればおいしいご飯が食べられます。

成人男子(ほぼ屋内で過ごす)でも1日約2000キロカロリーが必要ですので、1食約700キロカロリーを目安にしますと、「アルファ米+乾パン」1食分を基準として用意するとよいでしょう。

また、お年寄りには乾パンが苦手な方もいらっしゃいますし、乳児には月齢にあわせた粉ミルクを用意する必要があります。

家族構成、好みなどを考慮して非常食の内容を決めていきましょう。

防災用品専門店アンシンクでは、非常用保存食を多数ご用意しております。

物資の乏しい避難生活でもおいしく食べられる缶入りパンや、アルファ米、10年保存水などを取り揃えておりますので、ぜひご覧ください。

>>【防災用品専門店アンシンク】非常用保存食ページ