今回は、飲食料などの備蓄、非常用物品の準備以外に、ご家庭で徹底しておきたい地震対策についてお話しします。

わが家の安全対策:ちょっとした対策や工夫を!

阪神淡路大震災では木造家屋の倒壊による死者が多数発生しました。自宅の耐震診断をして、必要であれば耐震補強工事をすることが身の安全につながります。

また、建物が倒壊しなくとも、地震の強い揺れで家具や家電などが転倒、窓ガラスの飛散が起こり、多くのけが人、時には死者も出ますので、以下のような安全対策を施しておきましょう。これらのちょっとした対策や工夫をしておくことにより、地震後の被害は大きく変わります。

  • 窓ガラスや食器戸棚のガラスには、飛散防止のフィルムを貼る。
  • 家具や家電を突っ張り棒などで固定する。
  • 寝室には低い家具を置く。
  • 高いところに重いものを置かない。
  • ベランダ内では、落ちる危険性のある場所に物を置かない。
  • 不安定な屋根のアンテナ、屋根瓦を補強する。

 

地震発生時の行動や連絡方法:相談して決めておくと安心!

地震が発生した時、どこにいるかによって取るべき行動は変わります。

  • 家のなかにいた場合は、揺れを感じたら、頑丈な机、テーブルの下に潜るなどして安全を確保し、慌てて外には飛び出さない。
  • 揺れがおさまってきたら、火の始末をし、戸を開けて出口の確保をする。
  • 家を出るときは電気のブレーカーを切り、ガスの元栓を締める。

外出時は、街中、地下街、車の運転中などによってどのような行動をとるべきか、家族全員で話し合っておくことが大切です。
また、家族が別々に避難した場合、その後の連絡方法や落ち合う場所についても相談しておくことが重要です。
避難場所、広域避難場所は家族全員に徹底し、避難訓練の際などに場所を確認しておきましょう。

がけくずれ、津波の危険地域ではすばやく避難する必要がありますので、避難経路の確認も徹底しておきましょう。