Jアラートとは、全国瞬時警報システムのことで北朝鮮がミサイルを発射し日本の上空を通過するような場合に発令されます。

 

この記事では、Jアラートとはなにか、そしてJアラートが発令されたら防災管理者はどうすべきかをお話しします。

 

■Jアラートとは

 

人工衛星と地上回線の両方を使って、大津波や弾道ミサイル発射などの緊急情報を瞬時に伝えるシステムのことです。

 

時々市町村では警報訓練を行っていますので、お分かりかと思いますが、警報は、サイレンが鳴り響き、個人の携帯電話にも通知が来ます。24時間いつでも鳴り響きます。基本的にJアラートの整備は、日本全国ほぼすべての市町村で行われています。

 

■防災管理者がやるべきこと

 

Jアラートが発令されたら、時間との勝負です。発令されてから、ミサイルが来るまでの時間は10分間しかありません。日本上空を通過の場合は、10分ですが、日本への着弾の場合は、もっと短い時間になりますから、防災管理者は、発令を知ったと同時に行動を起こすことが重要です。

 

速やかに、避難誘導に当たらなければなりません。どこに避難させるかを上げていきます。

 

〇屋外にいる場合

・近くの地下街やできるだけ頑丈な建物などに避難する

・近くに避難できる建物がない場合、物陰に身を隠す、もしくは、地面に伏せ頭部を守る

 

〇屋内にいる場合

・窓のない部屋へ移動するもしくは、できるだけ窓から離れる

窓のない部屋への移動や建物の中へ入る必要の理由は、ミサイルが着弾した場合、屋外でも屋内でも凄まじい爆風と衝撃波にさらされます。この爆風などで割れたガラス片などが、とてつもない速さで周りに飛び散ります。

 

生命の危険を避けるためには、まずはこれから逃げなければなりません。

もし建物の中にすぐ入ることができなければ、硬い大きな物の陰に隠れて身を伏せるように指示をしてください。

 

爆発物の人体によるダメージは、爆発瞬間の衝撃波によって眼球や鼓膜、肺が破れてしまいます。このような人体へのダメージを避けるためには、崩落するかもしれないと言うリスクはありますが、ビルの地下や地下鉄など地下に誘導することをおススメします。

 

■まとめ

 

Jアラートが鳴ったら!防災管理者がやるべきことについてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。

防災管理者は、Jアラートが発令されたら速やかに避難誘導に当たってください。時間がありません。

 

しかし、防災管理者が焦ってはいけません。防災管理者が冷静にならなければ、適切な避難誘導は行うことができません。

 

また、社員全員にもいざという時に速やかな避難がスムーズに行えるように、任務分担を付与して、定期的、抜き打ち的な避難訓練を行って身につけさせておくことが必要です。そして、社員全員の3日分の水や、非常食についても備蓄しておいてください。