あなたはハザードマップと言う言葉をご存知でしょうか?

国土交通省の特別設置機関である国都地理院が定めている、ハザードマップの目的を簡単に説明すると

・各地域の成り立ちや、災害が起こりやすい地形や地盤の特徴

・災害の履歴、避難場所・避難経路

などの防災や地理の情報をもとに作成された地図です。

 

最近は、洪水や土砂崩れなど今まで経験したことがなかったような災害が各地で起こっていますので、自分の地域でどんな災害が発生するかを知ることのできるハザードマップはますます重要になってきます。

 

今回は、ハザードマップで自分の町や関係する各地の情報をチェックすることについてお話しします。

 

■ハザードマップはどこで作るの?

国土交通省という言葉からハザードマップは国の機関が作ると思われているのではないでしょうか。

 

ハザードマップは市町村で作成されています。

 

市町村は、防災地理情報を提供している国土地理院の、土地・火山土地条件図などのデータや、国や地方公共団体が想定した洪水・内水・高潮や津波などの浸水地域などのデータなどを基にして、その地域で想定される洪水や津波、火山、地震、液状化など色んなハザードマップを作成し住民の方々へ周知を図っています。

 

■ハザードマップでわが町、関係各地の情報をチェック

 

自分の町のハザードマップは各自治体のサイトで確認できますが、全国の市町村のハザードマップを見たい場合は、国土交通省「ハザードマップポータルサイト」で確認することができます。

このサイトは「わがまちハザードマップ」と「重ねるハザードマップ」の2つで構成されています。

これらのサイトからどのような情報を見ることができるか紹介します。

 

わがまちハザードマップ

サイトには、日本地図が表示されていますので、住所地や災害の種類から選択することによって全国の各市町村の様々なハザードマップの閲覧ができます。

Webで公開していない自治体もありますから、自分の自治体が公開していないなら、その自治体に問い合わせてください。

 

・重ねるハザードマップ

この重ねるハザードマップは読んで字のごとく「各種ハザード情報」、「災害時に役立つ情報」「防災に役立つ地理情報」の複数を組み合わせて閲覧確認することができます。

 

■まとめ

今回は、「国土交通省ハザードマップでわが町、関係各地の情報をチェック!」についてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。

自分の地域が災害の際にどのような被害が想定されているのかを事前に知ることによって、備えやいざとなった場合に避難がスムーズに行えることとなります。また、マイホームを今から建てようとしている場合は、その場所が安全な地域なのかどうなのかを事前に判断する材料ともなりますので、ぜひ活用して下さいね。