もしも車の走行中に地震が起きたら、どのように対処すべきでしょうか。車社会である現代において、それを知っておくことは、運転者だけでなく、国民すべての義務だといえます。地震発生時の車の正しい扱い方と注意点について、確認しておきましょう。

 

■車の走行中に地震が発生した場合

 

  1. 運転者はハザードランプを点滅させ、前後の車に注意しながらゆっくりスピードを落とし、道路の左側に車を寄せて停車させます。

※落下物や崩落の危険のある場所は避けて停めること。

 

  1. 安全な場所に車を停車したら、ラジオ等で地震情報や交通情報を確認し、その情報や周囲の状況に応じて冷静に行動すること。

※あわてて車外に飛び出したりしてはいけません。

 

  1. 車の運転を再開する場合は、道路の損壊や信号機の停止、障害物、落下物などに十分注意すること。

 

■車を置いて避難するときの注意点

 

  1. 可能な限り、空き地や駐車場など、道路以外の場所に移動して停めること。

 

  1. やむを得ず道路上に車を置いて避難する場合は、緊急車両等の妨げとならないよう道路の左端に駐車し、エンジンを切って、エンジンキーはつけたままにしておくこと。窓は閉め、ドアのロックはしないこと。(スマートキーなどの場合は運転席のわかりやすい場所に置いておく)

 

※救急隊員等が必要に応じて放置車両を移動できるようにしておくための措置です。連絡先などを記したメモを残しておき、貴重品と車検証を持っていくことを忘れずに。

 

■車の走行中に緊急地震速報を知らされた場合

 

運転者はハザードランプを点滅させ、周囲の車等に注意を促してから、ゆっくりスピードを落としてください。

 

※停車させるかどうかは、走行中の道路や周囲の状況に応じて判断すること。

 

■まとめ

阪神・淡路大震災では、放置車両が交通の妨げとなって渋滞が発生し、救急車や消防車が現場までたどりつけないなど、救助活動や復旧活動に多くの支障が生じました。

 

災害時の車の正しい扱い方を確認するとともに、緊急車両の交通路を確保することの重要性を、一人ひとりがしっかりと理解しておきましょう。