異常気象や大きな地震の被害が報道される度に、ネット通販でも備蓄用商品の種類が増えているように感じています。災害時はみなさんの手元に支援物資が届くまで、タイムラグが発生することは容易に想像できますよね?

今まで普通に使えていたものが使えなくなり、食べ物や飲み者が一瞬でなくなってしまったら、本当に困ります。

そのような緊急自体にも困らないように、備蓄を見直してみましょう。

 

■非常食

まず最初に考えるのは非常食だと思います。救援活動を優先するため、救援物資が届くのは3日以降といわれています。最低でも、社員の人数×3日分の非常食・飲料水が必要になります。非常食については、加熱が不要で、お湯もいらない長期常温保存できるものがいいでしょう。

食欲がわなくても食べられそうな物が理想です。缶入りのパンや乾パン、最近ではレトルトの野菜スープなどもが売られています。飲料水に関しては1人1日3Lを目安に購入しましょう。非常用ですので期限は比較的長いものが好ましいですが、消費期限が来る前に新しい物へ買い替える体制を整える必要があります。

これをローリングストックといいます。いざという時に消費期限切れのものばかりでは役に立ちません。

 

■情報収集用品

携帯電話や充電器、ラジオ、筆記用具などを情報収集用品といいます。非常時には最新の情報収集がかかせませし、常に情報が入ってくると安心につながります。

 

■貴重品

現金・鍵・通帳・健康保険証・印鑑・眼鏡などの貴重品も大切です。普段から置く場所を決めるようにしましょう。

 

■身をまもる物や便利グッズ

ヘルメット・頭巾・懐中電灯・毛布・ライター・ナイフ・缶切り・カセットコンロ・軍手・雨具・給水袋・簡易トイレなども必要です。給水袋は軽いものを選ぶようにしましょう。給水所へ水をもらいに行く際は軽い方が便利です。

最近では専用のテント付きの簡易トイレも販売されており、プライバシーを守れる製品が人気です。

 

■清潔・健康を守るための物

着替え・タオル・トイレットペーパー・ウェットティッシュ・常備薬・持病薬(お薬手帳)・(乳児がおられる方は)母子手帳・おむつ・(女性の場合)生理用品なども必要です。ラップはいろいろな用途に使え便利です。たとえば、紙皿にラップをかければ洗わなくてすみますし、ガーゼがない時でも傷の手当に使用できます。

処方されている薬の名前や容量まで覚えている従業員は少ないと思います。非常時には、いつも通院している病院が診療を行ってくれるとは限りません。お薬手帳がないと、いつもの薬を処方してもらえない可能性が高くなります。

 

■まとめ

以上が災害時に必要なものですが、これらの全てを持って避難はできないでしょう。みなさんの環境に合わせて必要な物を取捨選択しましょう。日頃の備えが災害時にあなたを守ってくれるはずです。