今回は、アンシンク株式会社が販売している、「アンシンクのあんしん水 2.0L」についてのレビューをしていきたいと思います。

アンシンク株式会社は、岐阜県にある防災専門会社で、数十年の歴史のある会社です。

こちらあんしん水はどのようなものなのか見ていきたいと思います。

水の量について

 

こちらは2Lのペットボトルですので、たくさん使うことができます。

災害が実際に起きてしまったら、やはり一番必要になってくるのは、水です。

食べ物も大事ですが、水がまずあれば、数日はなんとかしのげますので、このくらい大きいと助かります。

 

水やお湯を注いで作る災害用の保存食なども、水がなければ作れません。

 

値段について

 

1本あたりの値段は480円です。

こちらは通常の水よりも若干割高になっていますが、10年もの間保存をしておくことができますので、それを考えれば、とても安いのではないでしょうか?

通常の水は、持って半年。

半年ごとに水を替えていくと、10年で20回交換していかなくてはいけません。

しかもその20回すべてが廃棄処分と考えると実にもったいないですよね。

通常の水2Lが200円だとしたら、1本あたり10年で換算すると実に、4000円にもなります。

こう考えますと、1本480円は安いとしか言いようがありません。

 

実際に飲んでみた感想

 

このあんしん水を実際に飲んでみたら、市販されているミネラルウオーターよりもとても軟らかい飲み口でした。

ラベルに表示されているものを見てみると、これは富士山の麓にある温泉水でした。

なるほど軟らかいはずですね。

 

 

山梨県甲州市にある、塩山裂石温泉水だそうです。

ミネラルも豊富に入っていそうですね。

 

保存期間について

 

 

先にも述べましたが、保存期間は10年です。

ですので、10年は交換の必要がありません。

楽天などで保存用の水を見てみるとほとんどが5年保存のものでした。

長くて7年。

ですので、単純に保存期間が長いというのは大きなメリットになりますね。

 

総合評価

 

こちらのあんしん水2Lは保存期間が10年ももち、温泉水で軟水ですので、飲みやすくなっているというこだわりがありますので、かなりお得に感じました。

以上アンシンクのあんしん水2Lのレビューでした。