TAG: 家庭の防災

今回は、飲食料などの備蓄、非常用物品の準備以外に、ご家庭で徹底しておきたい地震対策についてお話しします。 わが家の安全対策:ちょっとした対策や工夫を! 阪神淡路大震災では木造家屋の倒壊による死者が多数発生しました。自宅の耐震診断をして、必要であれば耐震補強工事をすることが身の安全につながります。 また、建物が倒壊しなくとも、地震の強い揺れで家具や家電などが転倒、窓ガラスの飛散が起こり、多くのけが人、時には死者も出ますので、以下 ...
毎年9月1日は「防災の日」です。8月30日から9月5日までの一週間は「防災週間」と定められています。 これは、1923年9月1日に発生し、10万人以上の死者・行方不明者が出た「関東大震災」に由来しています。 各自治体、企業・自主防災組織では8月から9月第1週に防災訓練を行う事が多いです。 小中高校では年1回以上の防災訓練が義務付けられており、各学校、学年に応じた防災教育がされています。 また、事業所(オフィスビル)では、 ...
地震、台風など災害発生直後は飲料、食料の調達が困難になるので、1人ずつ飲食料を備蓄しておく必要があります。 国・自治体では「1人3日分」の飲食料の備蓄を勧めています。また、大規模災害発生時には「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。 ただし、1人3日分、1週間分といっても、その内容や量は個人の判断に任されていますので、何をどのくらい備蓄したらいいのか?と悩む方も多いでしょう。 飲料水は「1人1日3リットル」が目安で ...